角島の絶景スポット&グルメ 角島大橋、角島大浜海水浴場、角島灯台がおすすめ

角島(山口県北西部)は、2000年の角島大橋の開通以降、その絶景を見ようと多くの観光客が訪れるようになりました。テレビ、映画のロケ地になっており、「HERO」のスペシャル版のロケ地にもなったそうです。

2014年初めて角島に訪れた時、エメラルドブルーの海を見ていると、まるで沖縄にいるかのような感覚になりました。
角島大橋は、雑誌やネットの『一度は見ておきたい絶景・・・』などで取り上げられ、ますますその知名度は上がっています。

スポンサーリンク

角島は、ドライブ+島の観光だけでなく、夏の海水浴やキャンプもオススメです。コバルトブルービーチ、大浜海水浴場、島戸海水浴場など水が綺麗で透明度抜群のビーチがあります。また海の幸(サザエ、イカなど)も美味しく、まだ訪れていない方には、絶対おすすめの観光スポットです!

角島へのアクセス

車(下関ICから)

国道191号線 (北浦街道・赤間関街道)を北へ約53km、70分程度で行くことができます。国道191号線を北へドライブしていると、海岸線沿いに素晴らしい景観を見ることができますなお、夏の海水浴シーズンは、渋滞することが多いので注意が必要です。


大きな地図で見る

角島へ向かう海岸線沿いの道
191号線を北へドライブする時、海岸線沿いにたびたび素晴らしい景観が現れます。私は山陰本線の電車の向かおう側に広がる響灘(海)の景観が一番好きです。
角島へ向かう海岸線沿いの道

角島大橋とは

2000年に竣工した角島大橋(1780m)は、沖縄県の古宇利大橋(全長1,960m)に次ぎ全国第2位の長さ。そして、その景観は沖縄の古宇利大橋に引けを取らないくらい美しい。
晴天の10~12時頃に行けば、まるで沖縄の海に来ているかのような感覚になります。

角島大橋の絶景(山口県)

角島・角島大橋の動画公開(Youtube)

管理人が撮影した動画をユーチューブに公開しました。撮影日は天候に恵まれたので青い海と空がとても美しいです。まだ角島を訪れたことのない方は、ぜひ一度この動画をご覧ください。絶対に行きたくなりますよ!

私は過去に3回(晴天:2回、曇り:1回)訪れていますが、正直、晴天の日と曇りの日では雲泥の差があります。晴天の日なら、雑誌やネットで美しい写真を見ていても、実際の風景に感動すること間違いなしです。

そして、絶景を見るなら訪れる時間帯も重要です。一番綺麗に見えるのは10時~12時頃です。
角島大橋は、本州側から見て西の方向にあるので、太陽が背から頭上にある時が空や海が青く美しく見ることができます。また、天気の良い日は多くの観光客が訪れますので、できれば10時頃までに到着できるように旅の計画を立てられることをお勧めします。

角島大橋の写真撮影ポイント

角島大橋の眺めの素晴らしいポイントは、3個所です(下記写真参照)。海士ヶ瀬公園(写真右下)に車を駐車して各所に行ってみましょう!角島大橋の横断歩道の真ん中で、写真を撮っている観光客を見かますが、車の往来が激しので気を付けましょう。

  1. 下記の写真を撮影している所(写真手前の高台)
  2. 海士ヶ瀬公園(下記写真右下)
  3. 角島大橋たもとの展望台(下記写真左下)

角島大橋を一望できる場所・写真撮影ポイント

角島大橋が真正面に見える高台

旅行雑誌などによく掲載されている写真の撮影スポットです。角島大橋の正面の場所は、人気の撮影ポイントで順番待ちになることもあります。なお、この高台の周辺は、駐車禁止の所もあるので車を停車する際は気を付けましょう。

角島大橋が真正面に見える高台から見る

海士ヶ瀬公園(あまがせこうえん)

海士ヶ瀬公園は、無料の駐車場があります。車を停めてゆっくりと景観を眺めたり、写真を撮影することができます。売店の裏側は、季節毎にいろんな花が咲いています。角島大橋に花を入れると一味違った写真が撮れます。写真好きの方にはオススメの撮影スポットです。展望台に比べると空いているので、ゆっくり写真を撮影することができる場所です。
海士ヶ瀬公園(あまがせこうえん)から角島大橋を見る
紫陽花(あじさい)と角島大橋(2015年6月)
角島大橋と紫陽花

角島大橋の南側展望台

海士ヶ瀬公園から道路を渡って角島大橋の南側にある展望台です。景観が素晴らしく、観光客の多くが訪れる場所なので混雑していることも多い場所です。写真撮影などで長い時間、場所占有するのは、迷惑になるので気を付けましょう。
角島大橋のたもとの展望台から見る

島戸海水浴場から見る角島大橋

ちょっと穴場ですが、この島戸海水浴場から見る角島大橋も美しいですね。。宮古島の与那覇前浜ビーチから見る来間大橋にも少し似た景観です。ちょっと大袈裟かもしれませんが・・・。でも、夏は海水浴に絶対オススメ

島戸海水浴場から見る角島大橋

角島大橋の夕日(夕焼け)

夕方の角島大橋 は、昼とは違ってロマンティックで幻想的な姿を見せてくれます。宿泊される方はもちろんのこと、帰りの時間に余裕のある方は、ぜひ角島大橋の夕日を見てくださいね。

角島大橋の夕日(夕焼け)

角島大橋のライトアップ(夜景)

太陽が沈み、空が明るい青色から濃紺に徐々染まる頃が、私は一番好きです。夜景を見る場所は、展望台よりも高台の方が オススメ(下記写真)。真夏以外は、日中は暖かくてもこの時間帯は、急激に気温が下がることがありますので上着を忘れずにしてくださいね。

角島大橋のライトアップ・夜景

角島のおすすめ観光スポット

海士ヶ瀬公園(あまがせこうえん)

海士ヶ瀬公園(あまがせこうえん)は、角島大橋のたもとににあり、無料駐車場、売店(あまがせ観光)、モニュメント、展望台などがあります。駐車場(50台程度)は混雑していることが多いですが、駐車出来ないことは稀だと思います。角島大橋を一望できるポイントは、展望台、売店・モニュイメントの裏側です。観光客の一番人気は展望台で、多くの人でいつも賑わっています。

海士ヶ瀬公園(あまがせこうえん) 角島大橋

しおかぜコバルトブルービーチ

しおかぜコバルトブルービーチは、しおかぜの里角島(食事・土産物)の北側にある海水浴場です。駐車場が広く、シャワー室などの設備も充実しています。夏は海水浴におすすめ

マリンスポーツも盛んで、ウインドサーフィン、サーフィン、ジェットスキーなども盛んに行われていました。車のナンバーを見ると、九州や中国・四国からも多くの人が来ています。夏休みの時期は駐車場がすぐに満車になるので朝早く到着することをおすすめします。

しおかぜコバルトブルービーチ 角島(山口県)

しおかぜコバルトブルービーチ沖合では、ウインドサーフィンをしていました。

しおかぜコバルトブルービーチでウインドサーフィン 角島(山口県)

しおかぜの里角島

しおかぜの里角島は、しおかぜコバルトビーチの側にあるお土産処です。食事処、駐車場(約180台駐車)、休憩所、トイレ、多目的トイレ、レンタサイクルなどがあります。食事処では、地元の食材を使ったメニューも豊富で、うどん麺にワカメを練り込んだ「磯みどり」はユニークで人気があるそうです。オススメは、ウニとサザエの炊き込みごはんセット(800円)ですが、時間が遅いと売り切れることが多いようです。美しい海を眺めながらの食事は格別ですね。

営業時間:夏期(7~8月)  10:00~18:00(定休日なし)、冬期 9:00~17:00
定休日:水曜(祝日の場合は翌日代休)・年末年始
観光シーズンの夏には、大きな駐車場もすぐに満車になります。向かいのしおかぜコバルトブルービーチは絶好の海水浴場です。
しおかぜの里角島 角島

ページ:

1

2
21,706 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 25日

おすすめ記事(夏)

  1. 沖縄の本部町にある備瀬のフクギ並木は、癒しの沖縄観光スポット!また、カフェ・レストラン&沖縄グルメも…
  2. 古座間味ビーチ(座間味島)
    古座間味(ふるざまみ)ビーチは、那覇市から高速船で約50分、西へおよそ40kmの東シナ海に浮かぶ慶良…
  3. 2014年7月、阿嘉島 ニシハマ(北浜)ビーチでのシュノーケンリグ体験記。海の透明度は、沖縄ケラマ諸…
  4. 角島(山口県北西部)は、2000年の角島大橋の開通以降、その絶景を見ようと多くの観光客が訪れるように…
  5. 2014年7月下旬、沖縄の離島、阿嘉島(AKA ISLAND)へ行って来ました。最近仕事が忙しかった…
  6. 大阪のかき氷といえば、大阪浪花屋。百年の歴史を持つたい焼き「浪花家総本店」から暖簾分けされたお店なん…
  7. 与那覇前浜ビーチ
    宮古島は、沖縄本島から南西へ約300kmにあり、宮古島本島、伊良部島、下地島、池間島、来間島、犬神島…
  8. 貴船(きぶね・きふね)は、京都の奥座敷として知られ、観光客に人気があります。貴船川沿いには、料理旅館…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る