阿波連ビーチ(渡嘉敷島)は透明度抜群!シュノーケリング、SUPなどアクティビティーも充実

阿波連(あはれん)ビーチのある渡嘉敷島(とかしきしま)は 慶良間諸島の中でも一番大きい島
平成26年3月5日「サンゴの日」に、渡嘉敷村と座間味村からなる慶良間諸島が全国で31番目の国立公園に指定されました。
ケラマブルーと称される青く透明の高い海は、世界中の人に愛され多くの観光客・ダイバーが訪れています。
渡嘉敷島は、那覇の泊港から高速船「マリンライナー」で約35分ケラマ諸島の中で沖縄から一番近い島です。
もちろん沖縄本島から日帰りOKですが、1泊すれば、満点の星空を見たり、ヤシガニに会えたり、泡盛を飲みながら郷土料理も楽しめますね。

スポンサーリンク

渡嘉敷島の海は、透明度が抜群なのでシュノーケリングやダイビングもおすすめ!
美しいサンゴ礁や熱帯魚、運が良ければウミガメなども見ることができます。
人気のビーチは、阿波連ビーチ(あはれんビーチ)とトカクシビーチです。
ここでは、阿波連ビーチの観光スポットなどを紹介します!

阿波連ビーチの行き方

泊港フェリーターミナル「とまりん」へ(那覇の58号線沿い)

泊港ターミナルビルの1階にチケットカウンターがあります。コンビニ、食堂、コンビニ、レンタカーなどもあります。
泊港フェリーターミナル「とまりん」

高速船かフェリーで渡嘉敷島へ

渡嘉敷島へは、高速船かフェリーに乗船します。高速船は、泊港北岸が発着、フェリーは泊港ビルとまりん前が発着です。
波の高い時は、かなり揺れますので、船酔いの心配のある方は、酔い止め薬を飲むことをオススメします。

(1)高速船マリンライナーとかしき 35分(1日2~3往復 乗客のみ)
料金:片道 大人2490円(小人1250円) 往復 大人4740円(2380円)
(2)フェリーとかしき」泊港出港10:00 渡嘉敷港出港 夏季16:00(冬季15:30)
料金:片道 大人1660円(小人830円) 往復 大人3160円(1580円)
(3)電話で予約
渡嘉敷村船舶課 098-987-2537
渡嘉敷村那覇事務所 098-868-7541

高速船マリンライナーとかしき

渡嘉敷港から阿波連ビーチへ

渡嘉敷港から阿波連ビーチまでは、乗合バスや宿泊所の送迎バスなどで行きます。濡れたままでバスはご利用になれませんので注意してくださいね。

渡嘉敷港から阿波連ビーチの乗合バス

乗合バスの発着場から阿波連ビーチまではすぐです。下記写真の右手が乗合バスの発着場

乗合バスの発着場から阿波連ビーチ

awa31

阿波連地区のMAP

阿波連地区のMAP

キャンプ場(渡嘉敷村青少年旅行村管理棟)

阿波連ビーチの近くにキャンプ場があります。満点の星空の下、波の音を聞きながら眠れたら最高ですね♪
蟻などの虫、やどかりが多いので虫嫌いの人は注意してくださいね。虫よけスプレーなども必須ですね。
・キャンプ場1泊:大人¥500 小人¥250
・オートキャンプ場1泊:大人¥500 小人¥250
・施設:トイレ・シャワー、キャンプ場、プール、オートキャンプ場、多目的広場、炊事棟
・問い合わせ:商工観光課 098-987-2090

キャンプ場(渡嘉敷村青少年旅行村管理棟)

トイレ、シャワー、コインローッカーなど施設は充実しています。

キャンプ場(渡嘉敷村青少年旅行村管理棟)

阿波連ビーチのアクティビティーは充実

カヤック、SUP(サップ)、バナナボート、シュノーケリング、ダイビング、グラスボートなど遊びはとっても充実!

阿波連ビーチのアクティビティー

阿波連ビーチのアクティビティー

阿波連ビーチでもSUPは流行ですね。

阿波連ビーチでもSUPは流行ですね。

定番のバナナボートです。高速ターンなど振ってくれるとスリル満点です

阿波連ビーチ 定番のバナナボート

グラスボート奥では、フライボード(水圧で空を飛ぶ)をしています。

阿波連ビーチ グラスボート奥では、フライボード

阿波連ビーチ(あはれんビーチ)

渡嘉敷島の南西にあり、東西に長く約800mの美しい弧を描いているビーチです。
コバルトブルーの透き通った海と白い砂浜。そして草木や岩山とのコントラストが美しいですね。

阿波連ビーチ(あはれんビーチ)

沖合に無人島(ハナリ島)が見えます。バナナボートやガラスボートで島渡しがしてもらえます。シュノーケリングに最適です。

阿波連ビーチ(あはれんビーチ)

ビーチからすぐ沖合の所にサンゴ礁があるのがわかります。

阿波連ビーチ(あはれんビーチ) ハナリ島

ビーチは遠浅なので小さなお子様も十分楽しめますね。

阿波連ビーチ(あはれんビーチ)

阿波連ビーチでシュノーケリング

シュノーケリングの好きな方はもちろんのこと、あまり経験のない方もケラマブルーの海の中を見て見ましょう!エメラルドブルーの透明度の高い海に感動すること間違いなし!シュノーケリングのエリアは狭いですがチョウチョウウオなどの熱帯魚を見ることができます。

阿波連ビーチでシュノーケリング

阿波連ビーチでシュノーケリング

ビーチからエントリーすると白い砂地の海底が続きます。そして、僅か10~20mの所で、銀色に光るコバンアジ、チョウチョウウオがお出迎え。

阿波連ビーチでシュノーケリング

白い砂地の先には珊瑚礁があります

阿波連ビーチでシュノーケリング

目の前を横切るチョウチョウウオにビックリ!!

目の前を横切るチョウチョウウオにビックリ

魚の種類としては、チョウチョウウオ、コバンアジ、バラの仲間はが多く、カクレクマノミなど他の魚はあまり見られませんでした。
また、サンゴ礁は、想像していたより少なく、座間味島の古座間味ビーチの方が多かった。

目の前を横切るチョウチョウウオにビックリ

白い砂地の上を泳ぐ黄色と白のコントラストが可愛いチョウチョウウオに癒されました。いつまで見ていても飽きることはありません♪

白い砂地の上を泳ぐ黄色と白のコントラストが可愛いチョウチョウウオ

OCTOPUS GARDEN 海の見える絶景ランチスポット

OCTOPUS GARDEN 海の見える絶景ランチスポット

2階の海側の席からはビーチを眺めることができます。

OCTOPUS GARDEN 海の見える絶景ランチスポット

唐揚げカレーを注文!このロケーションで食べるカレーは実に旨いです!

OCTOPUS GARDEN 海の見える絶景ランチスポット

外国人の団体さんです。皆さんビールを飲みながら楽しそうでした!

awa32

ブルーシール アイスクリーム

沖縄のアイスクリームと言えばブルーシールですね。私も沖縄へ来ると必ず1回は食べます。
マンゴーのアイスクリーム。めっちゃ旨い。

ブルーシール アイスクリーム

阿波連ビーチの散策

ビーチを北側(海に向かって右側)へ進むと人が少なくてのんびりできますよ。波も穏やかで昼寝なんかもいいです。

阿波連ビーチの散策

こんな大きな岩もあります。

阿波連ビーチの散策

無人島(ハナリ島)でシュノーケリング

阿波連ビーチの沖合約1kmに無人島があります。シブガキ隊の像があることから「シブガキ島」とも称される島です。
ハナリ島は、シュノーケリングや体験ダイビングのポイントがあり、美しいサンゴ礁や多くの魚を見ることができるそうです。
私は時間がなくて、無人島(ハナリ島)へ行けなかったのですが、時間のある方はぜひ行って見てください。
(注)無人島なので何もありません。飲料水、日焼け止め、シュノーケリングセットは、持参必須です。

ハナリ島への行き方

泳いで行くことは禁止されています。行き方は下記方法があります。

1)ガラスボート
ブルーシールのアイスクリームを売っているお店が海底遊覧&島渡しの受付場所です。
料金:1000円(一人で乗船の場合1500円)
2)バナナボート(マリンハウスあはれん)
無人島までは安定性の良いダブルのバナナボートで約5分、パラソルなども持っていけます。
料金:1620円(税込み8%)

無人島(ハナリ島)でシュノーケリング

阿波連ビーチの散策

阿波連ビーチのある阿波連地区は、民宿やペンションなどが立ち並んでおりシーズン中は多くの観光客で賑わっています。

沖縄本島のビーチのようにリゾート化されていないので(大きなホテル、大型商業施設はありません)自然を満喫しながらのんびりできます。ビーチの入口にマリングッズ(パラソル、シュノーケル)などをレンタルできるお店が立ち並んでいるのが少し気になるくらいです。

ネコの多い阿波連地区

食堂の店先の日陰で暑さを凌いでいるネコを見つけました。散歩していると、ネコがたくさんいるので、ネコ好きな方は癒されますね♪

ネコの多い阿波連地区

awa80

ランチにタコスはいかが?

ランチにタコスはいかが?

コンビニ代わりの新垣商店

阿波連ビーチ近くにある商店です。日焼け止め、飲み物・アルコール・軽食、生活用品、雑貨、お土産、氷、釣具など観光客がほしいものは何でもあります。
TEL/FAX:098-987-2347
[営業時間] 7:00~21:00
[定休日] 年中無休

コンビニ代わりの新垣商店

3,199 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(夏)

  1. 下地島空港17エンド(17END)は、宮古島 下地島の北端にあります。 17ENDは、海の綺麗な…
  2. 古座間味ビーチ(座間味島)
    古座間味(ふるざまみ)ビーチは、那覇市から高速船で約50分、西へおよそ40kmの東シナ海に浮かぶ慶良…
  3. ピナイサーラの滝ツアー
    西表島を気軽に楽しむには、エコツアーに参加するのが一番です。 西表島では、「ピナイサーラの滝&カ…
  4. 貴船(きぶね・きふね)は、京都の奥座敷として知られ、観光客に人気があります。貴船川沿いには、料理旅館…
  5. 宮古島の絶景スポットとして、最近大人気の伊良部島にある三角点(さんかくてん)を紹介します。三角点は、…
  6. 2015年7月初旬、北海道へ2泊3日の旅に行って来ました。 北海道は2回目ですが、1回目の札幌、…
  7. 2014年7月下旬、沖縄の離島、阿嘉島(AKA ISLAND)へ行って来ました。最近仕事が忙しかった…
  8. 2016年4月下旬、座間味島と渡嘉敷島を訪れました。慶良間諸島が国立公園になってから初めてのケラマ旅…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る