阿嘉島 ニシハマビーチ(北浜ビーチ)は、沖縄で透明度トップクラス! シュノーケリングが楽しめる

2014年7月、阿嘉島 ニシハマ(北浜)ビーチでのシュノーケンリグ体験記。海の透明度は、沖縄ケラマ諸島随一。ニシハマビーチでシュノーケリングをして美しいサンゴ礁や魚を見てきました。

阿嘉島(あかじま)

阿嘉島は、沖縄本島那覇から南西へ約40kmの洋上に浮かぶ島。沖縄慶良間諸島(ケラマ)に属しており周囲は約11km。阿嘉港に面した集落以外はほとんどが森に覆われており、天然記念物のケラマジカも多数生息しています。
夏のシーズン中は、シュノーケリングや海水浴で訪れる人も大勢いますが、本島の海水浴場に比べればそれほど混雑していません。のんびりとシュノーケリングや海水浴を楽しむことができます。

スポンサーリンク

阿嘉島のオススメビーチ

ニシハマビーチ(北浜ビーチ)と阿嘉ビーチ(真謝の浜)がオススメ!どちらもシュノーケリングが楽しめます。

ニシハマ(北浜)ビーチ

沖縄でも有数の美しさを誇ります。海の透明度はケラマ諸島の中で随一。国内はもとより海外からのダイバーは観光客が訪れます。

阿嘉ビーチ

阿嘉ビーチは、隠れ家的ビーチ。ビーチ周辺の景観や海の透明度はニシハマビーチに比べると劣ります。但し、このビーチには、複数のウメガメが住み着いています。ウミガメに出会える可能性は高く、ウメガメと一緒にシュノーケリングすることもできるかもしれません(阿嘉ビーチでウミガメに出会った体験記はこちら

阿嘉島のアクセス・地図

阿嘉島へは、那覇の泊港から高速船(クィーンざまみ)、フェリーざまみで行くことができます。時間は、高速船で約50分、フェリーで約90分。
シーズン中は、高速船チケットが入手困難になります。1ヶ月前から予約申込みが可能ですので電話で必ず予約をしておきましょう(予約・問合せ:座間味村那覇事務所/098-868-4567)。


大きな地図で見る
阿嘉島への旅行2014年7月
当初、阿嘉島1泊、古座間味島1泊の予定でしたが、ホテル・民宿は満室、そして、高速船チケットも売り切れでした(予約は3週間前では遅すぎました)。
そこで、予定を変更し、那覇2泊の旅となりました(阿嘉島と古宇利島へ日帰り)。

ニシハマビーチの風景(全景)写真

ニシハマ(北浜)ビーチでのシュノーケリングは2回目。6年ぶりぐらいです。

ビーチに降りる前に、ニシハマビーチ(北浜)を一望する

コバルトブルーの海と青い空。素晴らしい景観に感動します。沖縄本島では味わうことのできない美しさです。

ビーチに降りる前に、ニシハマビーチ(北浜)を一望する

ニシハマビーチの北側

日よけ用のテントが見えますが、この程度です。ゆったりと美しいビーチを満喫することができます。ビーチのすぐ近くまでサンゴ礁があります。沖合50~80mまでが遊泳区域でそこからはドロップオフになっていおり、海底には真っ白な砂が広がっています。

ニシハマビーチの北側 日よけ用のテントが見えます

ニシハマビーチの南側

美しいビーチが広がります。北側に比べると日除けテントの数が少ないですね。サンゴ礁が少ないので正面から北側の方が人気があります。

ニシハマビーチの南側 美しいビーチが広がります

テラスからみるニシハマビーチ

沖に向かって微妙に変化する海の色が美しい!

テラスからみるニシハマビーチ 沖に向かって微妙に変化する海の色が美しい!

ニシハマビーチの浅瀬

浅瀬でもこの透明度は素晴らしいです。海面の浮遊物やビーチのゴミもありません。まさに楽園です!

ニシハマビーチの浅瀬 この透明度は素晴らしいです。

阿嘉島 ニシハマ(北浜)ビーチの海の中

阿嘉島のニシハマビーチの海の中は、波照間島のニシ浜や座間味島の古座間味ビーチと同じくらい美しい。透明度も抜群で、遊泳区域制限のブイのあるところまで行けば、透明度30mぐらいはありそうです。ここでは、GoPro(ウェアラブルカメラで撮影した動画から切り出した静止画でニシハマビーチの海の中を紹介しましょう。

ニシハマビーチの波打ち際の浅瀬

青い空と海の中を一緒に撮影。この澄み切った海の中。沖縄本島からフェリーを使ってでも来る価値は十分ありますね。世界に誇れるケラマの海は素晴らしい!!

ニシハマビーチの浅瀬 青い空と海の中を一緒に撮影しました。沖縄本島からフェリーを使ってでも来る価値は十分ありますね。

ニシハマビーチの海の中(ビーチから30m程度)

このような浅瀬にも美しいサンゴ礁が点在しています。干潮だったので、このあたりで水深1.5mくらい。サンゴや小魚を至近距離で見ることができて楽しいです。

ニシハマビーチの海の中(ビーチから30m程度) 魚の数は少なかったですが、美しいサンゴ礁が点在しています。

ニシハマビーチの海の中(ビーチから40m程度)

大きなサンゴ礁の周りに小魚が住みついています。カラフルで綺麗な小魚が泳いでいる「姿を観察するのも面白いですね。

ニシハマビーチの海の中(ビーチから40m程度) サンゴ礁の周りにカラフルで綺麗な小魚が泳いでいます。

ニシハマビーチの海の中(ビーチから50~80m程度)

遊泳区域制限のブイがある周辺です。水深5~8m程度。沖合には白い砂浜が一面に広がっています。

ニシハマビーチの海の中(ビーチから50m~80程度) 遊泳区域のヴイがある周辺です。水深5~8m程度。沖合には白い砂浜が一面に広がっています。

ニシハマビーチの海の中(ビーチから50~80m程度)

サンゴ礁までは2~3mぐらい。サンゴ礁の周りには数多くの魚が泳いおり、シュノーケリングポイントとしてオススメ!下記の動画でその様子を見ることができます。

ニシハマビーチの海の中(ビーチから50m~80程度) この時は干潮だったので、サンゴ礁までは2~3mぐらい

ニシハマビーチでシュノーケリング動画

巷で流行っているGoPro(ウェアラブルカメラで ニシハマビーチ美しい海の中を撮影しました。GoProによる初めての撮影だったので画面の揺れが目立ちます。ご容赦ください。

沖縄本島の海の中と比べると透明度の良さに驚かされます。また来年もぜひ訪れたい場所です。

那覇 泊港周辺のおすすめホテル

沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ
慶良間諸島への高速船のアクセス抜群!80種類の朝食ブッフェも人気。
ホテル前の泊港から美しいケラマ諸島へ気軽に行ける好立地が自慢のシティリゾート。1月~3月は、ホエールウォッチングツアー付プラン有り。那覇中心地も徒歩圏内。
住所:沖縄県那覇市前島3-25-1

10,827 views

コメント

    • セリカ
    • 2016年 8月 08日

    20年以上昔から慶良間を愛するダイバーですが、
    1番綺麗なニシハマが、今はもう遊泳禁止になってるのが残念です。

    一部のネットで囲まれた遊泳エリアも、安全のためとか言って
    沖のドロップゾーンまで届いてないので、市民プールと変わりません。

    遊泳エリアから出ようものなら厳しい注意を受けて、強制排除されます。

    そのくせ、金持ちが船で来て、沖でシュノーケリングする分には止めません。

    『安全のため』と謳うのは勝手ですが、
    意味不明で曖昧なルールを課しておきながら、
    その事は記載せずに観光客を呼び続けるから、
    遠くから来た観光客は、いつもモメてるそうです。
    (そりゃそうでしょ)

    一時期、海外の雑誌に載ったせいで
    外国人観光客が増加しましたが、
    今では【泳げないニシハマ】に魅力がなく、
    年々観光客も減ってるので、地元の宿も苦悩してます。

    あのドロップを見れないかと思うと、ほんとうに残念です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(春~初夏)

  1. 滋賀県のイチゴ狩り 垣見イチゴ園(近江八幡)の紹介です。 2016年4月9日、近江八幡へ桜の花見…
  2. 毎年、京都へお花見に行きます。京都は桜の名所が多く、桜の見ごろの4月初旬~中旬の週末は、ほとんど京都…
  3. 河津桜(カワヅサクラ)は、真冬の2月初旬頃から咲き始める早咲きの桜で静岡県の河津町や伊豆が有名ですね…
  4. 祇園白川の桜(花見)
    京都の祇園白川は、石畳に格子戸の京町家が軒を並べる情緒あふれる街並みです。 桜並木は、白川南通 …
  5. 三室戸寺(みむろとじ)は、京都宇治にある紫陽花(あじさい)で有名なお寺です。 大阪、京都周辺にお住…
  6. 与那覇前浜ビーチ
    宮古島は、沖縄本島から南西へ約300kmにあり、宮古島本島、伊良部島、下地島、池間島、来間島、犬神島…
  7. 沖縄那覇の国際通りは、県庁北口交差点から安里三叉路にかけての約1.6kmの通りで、お土産から食事まで…
  8. 壷屋やむちん通りは、那覇国際通りの近くにある焼き物の町です。「やちむん」とは。沖縄の方言で焼き物のこ…

関連記事・スポンサーリンク

Hotels.comAsiaPacific Booking.com

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る