道頓堀は大阪の人気観光スポット!たこ焼き、グリコの看板が人気

道頓堀は、大阪の人気観光スポット!大阪の観光なら、道頓堀はUSJと共に一番オススメできるスポットです。道頓堀は観光客以外に地元の人も多く訪れます。休日は昼も夜も溢れんばかりの人です。
観光客の一番人気は、『食いだおれの町』ということで、たこ焼きお好み焼きなど粉もんを食べること。
そして、観光客の定番と言えば、映画やテレビでお馴染みの江崎グリコの看板の前で記念撮影をすることですね。戎橋の前を通ると、観光客の皆さんが両手と片足をを挙げたポーズで写真を撮られていて微笑ましいです。

スポンサーリンク


食いだおれの町は、『たこ焼き』だけではありません。「カニ道楽」、「づぼらや(てっちり)」、「串かつ」、「うどん」、「ラーメン」なども美味しいのでぜひ食べて見てください。
また、観光スポットとしては、道頓堀川のクルーズや、道頓堀 角座などのお笑い劇場、食と芸能のテーマパーク・道頓堀極楽商店街なども人気があります。

道頓堀へのアクセス

1)東海道新幹線・新大阪駅下車、地下鉄御堂筋線に乗り換えて『なんば』駅へ

2)なんば駅14番出口から地上へ上がります。

DSC00914

3)御堂筋を北側(上記写真の奥側)へ50~60m程歩き、はり重(老舗のすき焼きレストラン)を右折し直ぐの所です。

道頓堀の観光ランキング2016

大阪観光で道頓堀に来た人は、ある程度下調べをしていると思いますが、いざ、道頓堀に来ると、どこに行けばよいのか迷ってしまうこともあると思います。そこで、大阪在住数十年の管理人が、道頓堀周辺のおすすめの観光スポットをご紹介します。

大阪名物『たこ焼き』を食べる

大阪名物と言えば、たこ焼きですね。小腹が空いているなら、たこ焼きが一番おすすめ!
道頓堀には、たこ焼きの名店(人気店)が勢揃いしています。雑誌やマスコミで取り上げられた人気店は、いつも行列ができています。特に週末は10~20分ぐらい待ちますが、たこ焼きを焼いている様子を見ながらならそれ程苦じゃないと思います。頑張って並びましょう。
それでは、行列ができている『たこ焼き』店をいくつか紹介しましょう
_P1030023

たこ焼き 十八番

たこ焼十八番は、平成2年に西中島で本店を出しました。やがて、クチコミでその美味しさが広がり人気店となりました。今では多くの雑誌やメディアでも一位に選ばれ連日お客さんでいっぱいです。生地にミルクが入ってとってもクリーミー、カリカリ、サクサクの触感も最高です!
メニュー:ハーフ&ハーフ(ソース&塩)10個:580円、ソースたこ焼き10個:580円、塩たこ焼き 10個:580円
_DSC07579

くくる・道頓堀コナモンミュージアム

くくるのたこ焼きは、とろっとした触感と大きなタコが特徴。道頓堀店限定の「名物びっくり たこ焼き」は、コナモン王座日本一にも輝きました。仕上げに白ワインを使い、大きなタコは、生地からはみ出す程で、焼きたてはアツアツで食べるのに一苦労するかも。また、道頓堀コナモンミュージアム(入場無料)では、たこ焼きサンプルの手作り体験(1500円、45分)ができます。
メニュー:大たこ入りたこ焼、名物明石焼、ねぎ明石焼、名物びっくりたこ焼、匠のたこ焼
DSC00152

本家 大たこ

「大たこ」創業は昭和47年、大阪で歴史のあるたこ焼き店です。近年、道頓堀界隈には、多くの競合店が登場していますが、昔は道頓堀でたこ焼きと言えば「大たこ」の独壇場でした。大たこの特徴は、大きなぶつ切りのたこ、だしのきいた生地、そして、甘辛ソースとカツオが絶妙です。お土産には、冷凍たこ焼きもあります
[料金]6ヶ:380円、10ヶ:630円、20ヶ:1260円(消費税込み)
お土産用冷凍たこ焼き:16ヶ:1100円
_DSC07591
「大たこ」のタコは、やっぱり大きいです!。でも、たこ焼き自身の大きさは、昔の方が大きかったような気がするのは気のせい?
IMG_5894

グリコの看板の前で記念写真

戎橋の上では、昼夜問わず記念撮影をする観光客で賑わっています。「両手、片足をを上に挙げたグリコのポーズ」で記念写真を撮ってもらいましょう!
このグリコの看板は、2014年10月23日に省エネ性に優れたLED照明に更新され、昭和10年に設置された初代から数えて、なんと6代目だそうです。
巨大看板は、グリコ以外にカニ、たこ、龍など色々あります。食べ歩きでもしながら面白い看板を見つけるのも楽しいかもしれませんね。

DSC00131
戎橋の上が混雑している時は、川岸へ降りてみましょう。比較的空いています。看板の真正面から撮影できるのでまた違った写真が撮れると思います。
DSC00205

食い倒れ太郎:くいだおれ(飲食店)は2008年に閉店しましたが、マスコットキャラクター「くいだおれ太郎」は今なお健在です。

DSC07578

巨大看板の写真を撮る

カールおじさんと記念写真を撮ろう

カールおじさんの看板の右側にディスプレイがありますね。実は、ディスプレイの前辺りが映しだされていて、タイミングが合うとカールおじさんと記念撮影ができます。子供~中高生に人気でキャーキャー言いながら記念写真を撮っています。

DSC01029

かに道楽の巨大看板で記念写真:あまりにも有名なので皆さんご存知だと思います。

DSC00920

お笑いの本場 大阪でお笑いを楽しむ

松竹芸能 DAIHATSU MOVE 道頓堀角座

道頓堀角座が、2013年(平成25年)夏、道頓堀のメインストリートにできました。お笑いの街大阪で、落語、漫才、ライブなどを楽しむことができます。
また、角座広場には、「お笑い観光案内所」、巷で話題の「俺のフレンチ・イタリアン」、安田大サーカスの団長がプロデュースした松竹芸人屋台「団長カフェ」などもあります。
昼寄席:13:00~、15:00~(火、水は休館)、ナイトライブ:19:00~(不定期)

__DSC07716

なんばグランド花月

道頓堀から少し離れていますが、よしもとのお笑いの殿堂「なんばグランド花月」は絶対おすすめ。2012年にリニューアルし、お笑いの他、グルメ、お土産物も充実。ベテランから若手まで数多くの芸人による漫才・落語・吉本新喜劇を年中無休で毎日公演しています(吉本新喜劇は週替わりで毎日公演)。

大阪松竹座で松竹新喜劇・歌舞伎

外見は洋風で立派な建物です。松竹新喜劇、歌舞伎などが上演されます。
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-9-19
アクセス:地下鉄御堂筋線・四つ橋線・千日前線なんば駅[14番出口]徒歩1分
DSC00153

心斎橋筋商店街でショッピング

道頓堀から戎橋を渡ると心斎橋筋商店街(アーケードのショッピング街)があります。休日は大混雑していますが、大阪の雰囲気を味わいながらウインドウショッピングするのも楽しいですね。

DSC00137

大阪の人気定番観光&アクティビティ

大阪市内13ヶ所のバス停を回る2階建てオープントップバスと、4エリアを周遊する船が2日間乗り放題♪初回乗車時から翌日21時まで有効で何度でも乗り降り自由です。地下鉄1日乗車券付き・ガイドブック付きの2プランから選べます。各種割引特典あり!(現地ツアー予約専門サイトVELTRA)

大阪ワンダーループ 市内周遊バスと船が2日間乗り放題!地下鉄1日券またはガイドブック付き<大阪市> icon

 

ページ:

1

2 3
120,031 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事(夏)

  1. 古座間味ビーチ(座間味島)
    古座間味(ふるざまみ)ビーチは、那覇市から高速船で約50分、西へおよそ40kmの東シナ海に浮かぶ慶良…
  2. 夏の北海道旅行で一番人気の旭川、美瑛、富良野のおすすめ観光スポットを紹介します。 美瑛・富良野のラ…
  3. 阿波連(あはれん)ビーチのある渡嘉敷島(とかしきしま)は 慶良間諸島の中でも一番大きい島。 平成…
  4. 角島(山口県北西部)は、2000年の角島大橋の開通以降、その絶景を見ようと多くの観光客が訪れるように…
  5. ピナイサーラの滝ツアー
    西表島を気軽に楽しむには、エコツアーに参加するのが一番です。 西表島では、「ピナイサーラの滝&カ…
  6. 与那覇前浜ビーチ
    宮古島は、沖縄本島から南西へ約300kmにあり、宮古島本島、伊良部島、下地島、池間島、来間島、犬神島…
  7. 2014年7月、阿嘉島 ニシハマ(北浜)ビーチでのシュノーケンリグ体験記。海の透明度は、沖縄ケラマ諸…
  8. 沖縄県八重山諸島で一番面積の大きい西表島(いりおもてじま)。島のほとんどがジャングルに覆われた、日本…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る