古宇利大橋は沖縄本島一番の絶景スポット!美ら海水族館から近くハートロックや海水浴も人気

2014年7月に沖縄本島北部にある古宇利島(こうりじま)に行って来ました。沖縄随一の絶景スポットと言われるだけあって本当に素晴らしい景観でした。

古宇利島は、美ら海水族館からも近い場所にあり、那覇からでも日帰りで海水浴や島一周も可能です。

今回は天候が良く綺麗な写真と動画も撮影できましたので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

古宇利大橋は、沖縄一番の絶景スポット

古宇利大橋(こうりおおはし)は、今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島(やがじ)を結ぶ長さ1,960mの橋です。

2005年に開通してから、古宇利島に多くの観光客が訪れるようになりました。古宇利大橋の全長は約2kmで無料の橋として国内で一番長い橋だそうです。

古宇利大橋から古宇利島や海を見渡す景色が素晴らしさは、雑誌やメディアなどで数多く取り上げられています。この絶景は、橋を渡る前から渡り終わるまで続きます。

白くて美しい橋とエメラルドブルー(エメラルドグリーン)の海、そして真っ青な空に感動すること間違いなし沖縄本島で一番のオススメ絶景スポットです。


大きな地図で見る

古宇利島の語源とアダムとイヴ伝説

古宇利島は、沖縄本島北部にある屋我地島の北に位置している有人島で、半径約1Km、周囲が約8Kmの小さな島です。
島内にはサトウキビや紅芋などの畑が広がっており自然豊かな島。ウニ漁が盛んで地元で採れたウニを使ったウニ丼などは名物になっています。
語源
古宇利島は、昔クイジマと呼ばれていたそうです。語源は色々ありますが、恋島がクイジマになって古宇利島へ変化していったという説もあります。
沖縄版のアダムとイヴ伝説
古宇利島には、沖縄版のアダムとイヴ伝説が残っており、沖縄の人たちはこの島のアダムとイブから誕生したとされているそうです。

古宇利大橋の絶景写真

2014年7月に撮影した古宇利大橋周辺の写真を紹介します。天候に恵まれたので綺麗な写真をたくさん撮ることができました。画像をクリックすると大きい写真サイズ(1024 × 683程度)で見ることができます。
古宇利島のフリー写真・無料写真は、こちらからダウンロードしてください。

古宇利大橋を渡る手前の無料駐車場から海を望む

無料駐車場(20~30台)から古宇利島を眺める景色も綺麗です。記念撮影スポットとしてもオススメ!
古宇利大橋を渡る手前の駐車場から海を望む

古宇利大橋を渡るなら駐車場で休憩と水分補給

駐車場には、移動車の売店などもあります。真夏の昼間は暑いので、ここで橋を渡る前に水分補給をしっかり取りましょう。

古宇利大橋を渡るなら駐車場で休憩と水分補給

古宇利大橋を歩く 古宇利島へ向かう橋のスタート地点

古宇利大橋は、古宇利島に向かって左側が歩道になっています。今回はここから橋の中央まで写真を撮影しながら歩いてみました。風はありますが、炎天下の中での片道約1km(往復2km)は結構汗をかきました。水分補給は十分とった方がいいですね。

古宇利大橋を歩くスタート地点

古宇利大橋の歩道を歩く 古宇利島方面へ歩いてすぐの所

歩道の幅は広く歩きやすいです。橋の中央部が少し高くなっているので、ゆるやかな坂を上ることになります。海の深さや太陽の当たり方によって、その色はエメラルドブルーやグリーンにも見えます。太陽が真上にあるお昼頃が一番美しく見えると思います。

古宇利大橋の歩道を歩く 古宇利島方面へ歩いてすぐの所

ページ:

1

2
6,006 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(夏)

  1. 角島(山口県北西部)は、2000年の角島大橋の開通以降、その絶景を見ようと多くの観光客が訪れるように…
  2. 阿波連(あはれん)ビーチのある渡嘉敷島(とかしきしま)は 慶良間諸島の中でも一番大きい島。 平成…
  3. 夏の北海道旅行で一番人気の旭川、美瑛、富良野のおすすめ観光スポットを紹介します。 美瑛・富良野のラ…
  4. 比地大滝(ひじおおたき)は、やんばるの自然を楽しめることで人気の沖縄パワースポット。沖縄のオアシスと…
  5. 人より牛の数が多い島が沖縄県にある事あなたは知っていますか? 人々はその島を「牛の島」と呼びます…
  6. 壷屋やむちん通りは、那覇国際通りの近くにある焼き物の町です。「やちむん」とは。沖縄の方言で焼き物のこ…
  7. 2017年6月、昨年に引き続き今年も宮古島旅行に行って来ました。 ダイジェスト版をお届けします。 …
  8. 2014年7月に沖縄本島北部にある古宇利島(こうりじま)に行って来ました。沖縄随一の絶景スポットと言…

関連記事・スポンサーリンク

Hotels.comAsiaPacific Booking.com

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る