淀水路の河津桜2017年3月(京都市伏見区)早咲きの桜でお花見

河津桜(カワヅサクラ)は、真冬の2月初旬頃から咲き始める早咲きの桜で静岡県の河津町や伊豆が有名ですね。京都や大阪で見られる河津桜はそれ程多くありません。ここでは、京都市伏見区にある淀水路の河津桜をご紹介します。

河津桜(カワヅサクラ)とは?

1995年、静岡県河津町で初めて原木が発見された早咲きの桜。大島桜(オオシマザクラ)と寒緋桜(カンヒザクラ)の自然交雑種であると推定されています。現在は、様々な地域に植樹されています。

河津桜の由来

1955年に飯田勝美が静岡県賀茂郡河津町田中で原木を偶然発見したことが由来である。当初、発見者の飯田氏の屋号から「小峰桜」と地元で言われてきたが、その後の学術調査で今までに無かった雑種起源の園芸品種であると判明し、1974年に「カワヅザクラ(河津桜)」と命名され、1975年に河津町の木に指定された。現在も原木はこの地に存在し、2007年現在で樹齢50~60年である。また、1968年頃からこのサクラが増殖されるようになった。(wikipedeaより)

淀水路の河津桜

1999年に着工した京阪電鉄本線淀駅の高架化と周辺整備をきっかけに、2002年から地元住民らが淀水路沿いに河津桜を植樹したそうです。2017年現在240本以上あるそうです。まだ低木の木が多いですが、あと10年もすれば河津桜の名所になっていることでしょう。穴場的な存在の今の内に訪れるのもいいですよ。

淀水路沿い桜並木は、ゆっくり歩くと20分ぐらい続きます。水路沿いには、所々ベンチが設置されており、そこでお弁当を食べたり、地面にシートを敷いてお花見することもできます。

例年の見頃は、2月中旬から3月中旬。一足早く桜を楽しみたい方には絶対オススメ!

淀水路の河津桜の開花状況 2017年

2017年3月4日 2~3部咲き(一部満開)
2017年3月11日,12日  満開見頃
2017年3月19日  満開見頃
2017年3月25日 散り始め

満開の河津桜(2017年3月4日 ):花は鮮やかなピンク色。満開を少し過ぎた頃で少し葉も出てきています。

伊豆河津町 旅館「運龍」より植樹された河津桜の木

上記写真の河津桜(2本)は、伊豆河津町 旅館「運龍」より植樹された木で超早咲きだそうです。恐らく、伊豆の河津桜の開花時期2月初旬に開花するのでしょう

伊豆河津町 旅館「運龍」より植樹された河津桜の木

河津桜の花の特徴:ソメイヨシノの淡いピンク色より断然濃いピンク色で鮮やかです。花びらも少し大きめですね!

京都、大阪の河津桜

淀水路以外で河津桜をが見られる場所はそれ程多くありません。大阪では、鶴見緑地公園、万博記念公園、長居公園など。京都では、三条大橋西詰、一条戻橋などでも河津桜を見ることができます。しかし、どこも本数が少ないので200本以上の桜並木となると淀水路だけですね。

淀水路の河津桜 動画

2017年3月4日に訪れた時に撮影した動画です。全体として2~3部咲きでしたが超早咲きの河津桜は満開でした。お花見で訪れる人が少なかったので、たくさんのメジロが花の蜜を吸いやってきていました。

淀水路の行き方

河津桜が見られる淀水路は、京都市伏見区(京都の南側)にあります。京阪電車の淀駅から徒歩15分ぐらいです。競馬ファンなら「淀駅」と言えば、ピンと来ると思いますが、京都競馬場のすぐ近くなんですよ。

淀駅

淀水路へ行くルートは何通りもあります。一番おすすめは淀駅から京阪電鉄の高架沿いに行くルートです。高架に沿って南へ10分ぐらい歩けば、桜並木の南西端へ到着しますよ。また、お花見のシーズン中は、ピンク色の垂れ幕(淀観光協会:淀さくらを育てる会)を目印に歩いて行けば大丈夫です。2番目にオススメはコンビニを通るルートです。セブンイレブンの手前には焼鳥屋さん(持ち帰りOK)もあります。買い出しする方は便利ですね。

淀水路の河津桜 お花見レポート

淀駅から歩いて淀水路へ向かう途中、民家の前に無人の野菜販売所がありました。新鮮な野菜、果物をゲットできるかもしれませんね。

淀水路(淀緑地)は自然豊かな所なんですね。アサギマダラという珍しい蝶がやってきた!そうです。

淀水路 河津桜

地元の方が大事に河津桜を育てられているのがよくわかります。

淀水路 河津桜

淀新町バス停付近からの河津桜並木:淀水路沿いに河津桜並木を見渡すことができます。まだ2部咲きだったので、敢えて手前の木に寄って撮影。

淀新町バス停付近からの河津桜並木

旅館「運龍」より植樹さ満開の河津桜(2本):濃いピンク色の花が鮮やかで美しいですね♪

旅館「運龍」より植樹さ満開の河津桜(2本)

河津桜の花:濃いピンク色で鮮やか。花を見るだけでも春を感じさせます。

河津桜の花

菜の花と河津桜とのコラボ:菜の花は辺り一面に植えられている訳ではありませんが、写真好きの方ならフォトジェニックな写真が撮れますよ。

菜の花と河津桜とのコラボ

水路沿いには椿の木もあります。

淀水路のユルキャラ?:3月4日は、まだ2部咲きで、訪れる人が少なかったですがユルキャラさんが挨拶をしてくれましたよ。

淀水路のユルキャラ

淀水路の河津桜 満開見頃

2017年3月12日、河津桜は満開で見頃。天候は晴れ、日中は暖かく絶好のお花見日和でした。ベンチでお弁当を食べながらお花見を楽しむ方、写真やビデオ撮影を楽しむ方、花をバックにポートレート撮影をしている方、写生をしている方など様々な目的で訪れているのですね。また来年も来ようと思います。

以上、「淀水路の河津桜2017年3月(京都市伏見区)早咲きの桜でお花見」をご覧いただきありがとうございました。淀水路の河津桜は、桜の名所と呼ぶには少し早いかもしれません。まだマイナーな存在かもしれませんが、3月に桜のお花見ができるとても素敵な場所です♪京都や大阪からも京阪電車を使えばそれ程遠くないので、ぜひ訪れてみてくださいね♪

3,329 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(秋~冬)

  1. 京都嵐山・嵯峨野エリアにある常寂光寺(じょうじゃっこうじ)の紅葉を紹介します。11月下旬の紅葉シーズ…
  2. 2014年12月、広島県の宮島・厳島神社(世界文化遺産)へ行って来ました。宮島は、松島・天橋立と伴に…
  3. 城崎温泉
    城崎温泉(きのさきおんせん)は、兵庫県豊岡市にある人気の温泉地です。関西のみならず全国の温泉ランキン…
  4. 大台ヶ原(おおだいがはら)は、三重、奈良、和歌山の三県にまたがる吉野熊野国立公園のひとつに指定されて…
  5. 全国の紅葉スポットランキングで、上位を飾る愛知県豊田市の香嵐渓(こうらんけい)。香積寺まで続く参道の…
  6. Bishamon-do Temple、KYOTO JAPAN 毘沙門堂(びしゃもんどう)は、京都市…
  7. 2017年1月15日、京都・東山七条にある三十三間堂(※)で京都の冬の風物詩「通し矢」が行われました…
  8. Nanzen-ji Temple KYOTO JAPAN 南禅寺は、臨済宗南禅寺派の大本山。…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る