平安神宮は京都で人気の桜名所・花見スポット!桜祭り、夜桜ライトアップなどお花見に役立つ情報と桜の写真満載

平安神宮の桜(花見)

平安神宮は、桜(花見)の名所として人気があります。
例年、4/初~4/中旬頃、八重紅枝垂桜(ヤエベニシダレザクラ)が庭園に咲き誇ります。このヤエベニシダレザクラは、『細雪』で「京洛の春を代表するもの」と谷崎潤一郎が絶賛したことでも有名です。

平安神宮は、1895(明治28)年に、平安遷都1100年を記念して創建されました。国の名勝に指定されている「神苑」を含めとても広大な敷地を有しています。
朱色が眩しい大鳥居(国の登録有形文化財)、大極殿(国の重要文化財)、応天門などは有名で、京都の観光スポットにもなっています。

毎年恒例の「平安神宮紅しだれコンサート」では、南神苑のベニシダレザクラや社殿などがライトアップされます(2014年は、4月10日(木)~4月13日(日))。

スポンサーリンク

安神宮の桜(花見)情報

住所:京都府京都市左京区岡崎西天王町97
交通アクセス
電車:
・JR京都駅から市バス5・100号系統約30分「京都会館美術館前」下車徒歩すぐ
地下鉄東西線東山駅から徒歩約10分 ・京阪本線「三条駅」「神宮丸太町駅」下車、徒歩15分 
車:名神高速道路「京都東インター」より、三条通を西へ約20分
桜の種類:八重紅枝垂桜・染井吉野・彼岸桜・山桜・里桜・寒緋桜・鬱金桜など約20種類
駐車場:市営岡崎公園地下駐車場(500台・普通車1時間500円 大型バス 2500円)
見頃予想:3月下旬~4月中旬
夜桜観賞:ライトアップ、平安神宮紅しだれコンサート
桜祭り:観桜茶会(4/1~15)
平安神宮
拝観受付時間:6:00~17:30(季節により異なる)
拝観料:無料
神苑
拝観受付時間:8:30~17:30(季節により異なる)、
拝観料:大人600円(30名以上550円、50名以上500円)、小人300円(30名以上250円)、学校団体 高校生300円、中学生200円、小学生150円、園児30円

平安神宮周辺マップ


大きな地図で見る

平安神宮の桜(花見)の見どころ

平安神宮の大鳥居は、朱色が色鮮やか

私はいつも京阪本線「三条駅」から歩いて行きます。平安神宮に到着すると、この大鳥居に圧倒されます。朱色がとても色鮮やかです。昭和4年に建造された大鳥居は、高さが24.2mもあります。柱の直径がすごく太く見えますが、なんと3.63mもあるそうです。平安神宮は桜(花見)の季節にこれまで3度訪れていますが、この大鳥居を見るといつも懐かしい感じがします。
P1100040

平安神宮の入口にある桜で記念撮影

P4113962

平安神宮前の川 岡崎疏水の桜

_P4113963

平安神宮の桜

_P4113809
P4113954

平安神宮の枝垂桜

_P4113835

P4113845

P4113864

平安神宮応天門(神門)の桜

応天門(神門)は、明治27年に建造された神社入り口の二層楼門(高さ19.3m。、国の重要文化財にしてされています。午前中は写真の様に人も疎らです。

P1100047

_P1100052

ページ:

1

2
822 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(春~初夏)

  1. 下地島空港17エンド(17END)は、宮古島 下地島の北端にあります。 17ENDは、海の綺麗な…
  2. 平安神宮の桜(花見)
    平安神宮は、桜(花見)の名所として人気があります。 例年、4/初~4/中旬頃、八重紅枝垂桜(ヤエベ…
  3. 与那覇前浜ビーチ
    宮古島は、沖縄本島から南西へ約300kmにあり、宮古島本島、伊良部島、下地島、池間島、来間島、犬神島…
  4. 滋賀県のイチゴ狩り 垣見イチゴ園(近江八幡)の紹介です。 2016年4月9日、近江八幡へ桜の花見…
  5. 沖縄那覇の国際通りは、県庁北口交差点から安里三叉路にかけての約1.6kmの通りで、お土産から食事まで…
  6. 毎年、京都へお花見に行きます。京都は桜の名所が多く、桜の見ごろの4月初旬~中旬の週末は、ほとんど京都…
  7. 祇園白川の桜(花見)
    京都の祇園白川は、石畳に格子戸の京町家が軒を並べる情緒あふれる街並みです。 桜並木は、白川南通 …
  8. 国宝 姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本で初の世界文化遺産となりました。 築城40…

関連記事・スポンサーリンク

Hotels.comAsiaPacific Booking.com

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る