奈良県の曽爾高原(そにこうげん) は関西屈指のススキの名所。ハイキング、温泉、星空も楽しめる

曽爾高原(そにこうげん)は、奈良県宇陀郡曽爾村にある高原で関西屈指のススキの名所。金色に輝くススキや雄大な草原・山々を見ながらハイキングすることができ多くの観光客で賑わっています。

曽爾高原は、倶留尊山(くろそやま)(標高1038m)と亀山(標高849m)の麓に広がり平坦地の標高は約700m。秋は、ススキで一面に覆われた雄大な草原が広がります。お亀池のある平坦地から亀山へ遊歩道をハイキングしながら、辺り一面のススキを観賞することができます。夕暮れにはススキの穂が黄金色に染まりとても美しい。

スポンサーリンク

秋のトップスーズン(10月中旬~11月初旬)の週末は、駐車場に車を停められないほど多くの観光客が訪れます。

近年、ススキの生育が悪いそうです。観光客が増える10数年前までは、ススキが曽爾高原全体を覆い尽くしていたそうですが、最近ススキの生えていない所が多くなっているそうです。ひとつの要因として考えられているのは、人間がススキの生育している所に入いることにより土を踏み固められてしまい、それがススキの生育の障害になっているかもしれません。

私達が訪れた時も、観光客が歩道から外れてススキの中に入って行くので何度も注意をされていました。曽爾高原の大自然を守るためにも決められた歩道以外は、絶対に立ち入らないようにしたいものですね。

曽爾高原(そにこうげん)情報(2015年秋)

  • 関西屈指のススキの名所で金色に輝くススキや雄大な草原・山々を見ながらハイキングができる
  • 遊歩百選:2002年、曽爾高原は行ってみたい、歩いてみたい百カ所に選ばれた
  • ハイキング・登山のコースが充実
  • 露天風呂でゆったりくつろげる
  • 曽爾高原入口駐車場(一番上)は、トイレはあるものの、自販機は無し
  • 秋のススキ観賞時は、暖かい衣類を忘れないように(亀山峠や夕刻はかなり寒い)

曽爾高原の入山マナー

  • 決められた道を歩きましょう
  • 動植物を大切に(すべての植物の採取禁止)
  • ごみは持ち帰りましょう
  • たばこの吸い殻のポイ捨て禁止
  • 焚火の禁止
  • ペットの持ち込み禁止(リード付きで、糞尿処理ができる場合除く)
  • 凧揚げ、ハングライダー等の禁止

曽爾高原へのアクセス

曽爾高原は、京阪神から車でのアクセスは比較的良いです。電車+バスでも行くことができますが、バスの本数が少ないのでオススメできません。

  • 大坂から:阪神高速松原線・西名阪自動車道・名阪国道を経て「針インター」より国道369号経由で約2時間
  • 名古屋から:東名阪自動車道・名阪国道を経て「上野インター」より国道368号経由で約2時間40分

曽爾高原の駐車場

曽爾高原の入口にある駐車場がおすすめ(150台、料金600円)

秋のトップシーズンの週末は、午前中に満車になる可能性が高いです。私達は9:30に到着しましたが曽爾高原に一番近いところは、ほぼ満車でした。

曽爾高原のハイキングコース

IMG_4816

ご自身の体力によって、下記の3つ程度のコースが考えられます。そこそこ体力に自信のある方は、(2)亀山峠~亀山山頂コースがオススメです。

曽爾高原周回コース

曽爾高原の平坦な草原を歩くコースです。小さなかお子様から年配の方まで散策を楽しむことができると思います。お亀池を周回し亀山峠の昇り口近くの休憩所でお弁当を食べたりするのもいいですね。

一番近い駐車場からなら曽爾高原まで歩いてすぐです。正面の山の一番高い所が『二本ボソ』、左端が『亀山峠』です。

IMG_3846

お亀池周りを歩いて亀山の麓まで来ると、テーブルの置いてある休憩所があります。

IMG_3849

曽爾高原の中央にある休憩所。ここでお弁当を食べるのもいいですね。

IMG_3991

亀山峠~亀山山頂コース

曽爾高原(標高720m)から亀山峠(標高810m)、亀山山頂(849m)を目指します。なだらかな遊歩道が整備されていますので比較的簡単に登ることができます。亀山峠や亀山山頂から眺める雄大な景色は最高です。オススメです!

亀山へは、階段状のの遊歩道が整備されていますので比較的歩きやすいです。登りはキツイのでススキの綺麗な所で何度か立ち止まって休憩をしました。

IMG_3854

遊歩道の側のススキが風でたなびいていました。

IMG_3983

太陽に照らされて光り輝くススキはとっても美しいですね。

IMG_3920

亀山峠の右側(南側)へ少し歩くと亀山山頂です。この辺りからの眺めも素晴らしいです。

IMG_3928

偶然、『やっきり焼き』に遭遇しました。

『やっきり焼き』とは・・・3月に行われる山焼きの準備の草刈りで、例年10月下旬に行われます。山全体の本格的な山焼きではなく、山焼した際の延焼防止の為のもの(山焼きはススキを守る為に行われている取り組み)。

IMG_3945

空をを見上げると青空の中に白いススキが映えて綺麗です

IMG_3954

ページ:

1

2 3
1,587 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(秋~冬)

  1. 2017年1月15日、京都・東山七条にある三十三間堂(※)で京都の冬の風物詩「通し矢」が行われました…
  2. Kinkaku (The Golden Pavilion)、KYOTO 金閣寺は、京都を代表する観…
  3. 全国の紅葉スポットランキングで、上位を飾る愛知県豊田市の香嵐渓(こうらんけい)。香積寺まで続く参道の…
  4. 京都嵐山・嵯峨野エリアにある常寂光寺(じょうじゃっこうじ)の紅葉を紹介します。11月下旬の紅葉シーズ…
  5. 曽爾高原(そにこうげん)は、奈良県宇陀郡曽爾村にある高原で関西屈指のススキの名所。金色に輝くススキや…
  6. 冬の味覚と言えば、カニですね。 我が家でお正月休みの恒例行事になっている日帰りカニバスツアーにつ…
  7. 大台ヶ原(おおだいがはら)は、三重、奈良、和歌山の三県にまたがる吉野熊野国立公園のひとつに指定されて…
  8. 圓光寺(えんこうじ)は、京都市左京区一乗寺にある臨済宗南禅寺派の寺院。一面の杉苔とともに新緑、紅葉の…

関連記事・スポンサーリンク

Hotels.comAsiaPacific Booking.com

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る