ニシ浜(波照間島)へ行こう!サンゴ礁の多い沖縄随一の美しいビーチ

ニシ浜(波照間島)

ニシ浜(北浜)は、日本最南端の島『波照間島』にあり、沖縄有数の美しいビーチとして有名です。ニシ浜は、波照間島随一の観光スポットで、ニシ浜を目当てに島に来る人が多いと言われています。

波照間島へは、石垣島から高速船で約60分。少し遠いですが、足を運ぶ価値は十分にあります。

ニシ浜は北向きの砂浜で西向きに白い砂浜が1.5km続いています。ニシ浜は珊瑚礁がビーチの近くまで接近しており、砂浜、浅瀬、珊瑚礁のコントラストがとっても綺麗です。

珊瑚礁には魚が多くスノーケリングに最 適のビーチです。但し、干潮時は水深が浅く泳ぎにくいので事前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

ニシハマ(北浜)へのアクセス

石垣島離島ターミナルから高速船で約60分で波照間港に到着します。波照間港からニシハマまで約1km、徒歩で15~20程度です。徒歩でで行くことも可能ですが結構疲れます。港の近くのレンタサイクル(250円程度/1時間)を利用した方がいいでしょう。

ニシ浜(西の浜)への旅行体験記

ニシ浜に行くことは、今回の旅行の目的に欠かせないものでした。早朝の天気予報は、前日と同じく「曇り」。それでも、晴れ間がでることを期待して波照間島へ行くことに決めました。

離島ターミナルから高速船で波照間港へ

石垣港離島ターミナルで、高速船(安栄観光)の往復チケットを購入し高速船(始発8:30)へ乗り込みます。この日、海が荒れていたので60分の予定時間より少し遅れて波照間港へ到着しました。船は天候によってかなり揺れることがあります。船酔いのする方は、酔い止めの薬を飲むことをオススメします。波照間島に近づくに連れ天気は良くなり、波照間島に到着した時にはすっかり晴れていました(島の天気は変わりやすく、天気予報はあまり当てにできないそうです)。

高速船で波照間港到着

波照間港でレンタサイクル

波照間港では、レンタサイクル屋さんの車が4、5台お客さんを待っていました。ニシ浜は、波照間港から自転車で3~5分程度の距離ですが歩く距離ではないのでレンタサイクルを利用することにしました(¥1000円/1日)。波照間島の地図をもらって、ニシ浜へ出発!

波照間港レンタサイクル

ニシ浜ビーチの入り口へ

ニシ浜の看板がある三叉路を右へ曲がると、坂道の遠く先の方に海が見えてきます。雲の隙間の太陽から照らされ紺碧に広がる海は、とっても綺麗です。美しい海を今まで数多く見ていますがが、ニシ浜は3本の指に入ります。坂道を下りきって自転車を止めます。

ニシ浜へ下る坂道

ニシ浜の白い砂浜(西向き)

ニシ浜は北向きの砂浜で西向きに白い砂浜が長く続いています(1.5km)。青い海を見るのは、順光で見ることができる午前中が狙い目です(順光:太陽を背にして見る)。ニシハマは珊瑚礁がビーチの近くまで接近しており、砂浜、浅瀬、珊瑚礁のコントラストが綺麗です。珊瑚礁には魚が多くスノーケリングに最適のビーチです。

ニシ浜(波照間島)

ニシ浜の白い砂浜(東向き)

午後は、東向きの砂浜がとても美しく見ることができます。海は、プールの水よりも綺麗と思えるほどに透き通っています。

ニシ浜(波照間島)

波照間島を一周

波照間島を1周する人は自転車よりもレンタバイクの方がオススメです。私は自転車で1週しましたが、暑い日は体力の消耗が激しく、汗だくになってしまいます(標高差は小さいけど・・・)。今回、自転車が変速ギヤ式でなかったこともあってしんどかったです。

3,375 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(秋~冬)

  1. 全国の紅葉スポットランキングで、上位を飾る愛知県豊田市の香嵐渓(こうらんけい)。香積寺まで続く参道の…
  2. Nanzen-ji Temple KYOTO JAPAN 南禅寺は、臨済宗南禅寺派の大本山。…
  3. Bishamon-do Temple、KYOTO JAPAN 毘沙門堂(びしゃもんどう)は、京都市…
  4. 2017年1月15日、京都・東山七条にある三十三間堂(※)で京都の冬の風物詩「通し矢」が行われました…
  5. 京都嵐山・嵯峨野エリアにある常寂光寺(じょうじゃっこうじ)の紅葉を紹介します。11月下旬の紅葉シーズ…
  6. 冬の味覚と言えば、カニですね。 我が家でお正月休みの恒例行事になっている日帰りカニバスツアーにつ…
  7. 京都は、人気の紅葉名所が多く、毎年たくさんの観光客が訪れます。大阪在住の私は、京都の紅葉名所まで1~…
  8. 2014年12月、広島県の宮島・厳島神社(世界文化遺産)へ行って来ました。宮島は、松島・天橋立と伴に…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る