道後温泉はレトロな空間!道後温泉本館、松山城、とべ動物園、しまなみ海道、宇和島など観光スポットも多数

道後温泉は、四国・愛媛県松山市に湧出する温泉地。3000年を超える歴史があり、日本三古湯のひとつで国内の温泉ランキングでは、いつも上位にランキングされています。
道後温泉のオススメ観光スポットは、明治27年に建築された道後温泉本館『坊ちゃん湯』。温泉好きなら一度は行ってみたい場所ですね。
道後温泉近郊には、松山城や道後公園などがあり観光地としてとても人気があります。少し足を延ばせば、今治、しまなみ海道、とべ動物園、宇和島など自然豊かな場所も多くあります。

スポンサーリンク

道後温泉本館

道後温泉のランドマークである道後温泉本館の建物と大浴場は、レトロな空間で地元の人や観光客に親しまれています。夏目漱石の小説『坊ちゃん』に登場していることから、『坊ちゃん湯』とも呼ばれています。

現在営業している公衆浴場としては、唯一の重要文化財です。

道後温泉本館は、木製の桶、木製の下駄箱など昔ながらの銭湯の趣がとても面白く新鮮です。2階、3階の湯では、貸浴衣があるので入浴後、汗がひくまで休憩してから着替えることができるのが嬉しいですね。また、お茶やせんべいのサービスが付くコースもあります。

スタジオジブリの映画『千と千尋の神隠し』で登場する油屋は、道後温泉本館や江戸東京たてもの園の子宝湯が参考になったとされています。

 道後温泉のアクセス

四国外から電車で道後温泉に行くには、まず岡山駅を目指します。岡山駅からは、特急しおかぜで松山駅まで約2時間40分程度。小さなお子様連れの方には、アンパンマン列車に乗車するのもいいかもしれません。アンパンマン列車は、予讃線には全部で11種類あるそうです。時刻表で確認してください。

  • 新幹線岡山駅乗換(新幹線などで)
  • JR岡山駅 → 松山駅・・・特急しおかぜ(約2時間40分)
  • 松山駅→道後温泉駅・・・路面電車(150円/約25分)約7分毎に運転

 道後温泉本館入浴料金、その他情報【2014.1.24現在】

道後温泉本館には、「神の湯」と「霊の湯」の2種類の湯があり、浴室は、合計5つあります。霊の湯(3階個室)霊の湯(2階席)がおすすめです。

 1)霊の湯(3階個室)オススメ
料金:大人1500円、小人750円 営業時間:6:00~22:00、貸浴衣・お茶・坊っちゃん団子・貸タオル(石けん・リンスインシャンプー備付有)
2)霊の湯(2階席)オススメ
料金:大人1200円、小人600円 営業時間:6:00~22:00、貸浴衣・お茶・せんべい・貸タオル(石けん・リンスインシャンプー備付有)
3)神の湯(2階席)
料金:大人800円、小人400円 営業時間:6:00~22:00、貸浴衣・お茶・せんべい
4)神の湯(階下)
料金:大人400円、小人150円 営業時間:6:00~23:00

  • 小人=2歳以上11歳以下(又新殿は6歳以上11歳以下)
  • 一部高齢者割引があり(市内に住民登録のある65歳以上の人)
  • 一部身体障害者割引あり(市内に住民登録のある身体障害者手帳などをお持ちの人)
  • 入浴券は、発売日当日限り有効です。
  • 入浴券11枚綴りの回数券もあります。(有効期限3ヵ月)
  • 年中無休(年末大掃除および臨時休館を除く)で営業しております。平成20年の年末大掃除の日程は「本館」が12月16日「椿の湯」が12月15日です。
  • 「神の湯2階席」20名以上の団体に限り予約あり(繁忙期を除く)
  • 「霊の湯」入浴の方は、又新殿の観覧ができます。
  • 団体割引は、20名以上2割引、100名以上3割引。(神の湯のみ)
  • 館内で記念タオル(みかん石けん付)を210円で販売。また、貸しタオル(みかん石けん付)は60円。貸しバスタオルのサービスを2000円。
  • 全館禁煙です。
  • ※上記情報は変更になる場合があります(2014年1月記載)。

道後温泉本館の写真

「空の散歩道」は、展望遊歩道(高さ20m)から道後温泉周辺を一望することができます。

道後温泉本館

「空の散歩道」は、夜間フットランプが点灯し、ロマンティックな遊歩道になります。夜景も綺麗なのでオススメです。

道後温泉本館の夜景

夜の道後温泉本館前。記念撮影スポットとしても人気です。

道後温泉本館 道後温泉まつり

道後温泉本館の一番高いところは、振鷺閣(しんろかく)と呼ばれています。振鷺閣の中には太鼓があり、1日に3回(朝6時、正午、夕方6時)に打ち鳴らされます。白鷺(シラサギ)は、道後温泉のシンボルの一つともなっており、道後温泉本館の周囲の柵にも白鷺をモチーフとした飾りがあります。

道後温泉本館の夜景

道後商店街(ハイカラ通り)から見る道後温泉本館

道後温泉本館

道後温泉本館の裏側には、バス停(温泉前)があります。

道後温泉本館

 道後温泉本館の入り方

まずは、札場(チケット売り場)でチケットを購入しましょう。入浴コースは、4コース。オススメは、霊の湯2階席(1200円)又は、霊の湯3階席(1500円)です。どちらも、坊っちゃんの間、又新殿の見学ができます。

チケット購入

昔ながらの下駄箱で靴を脱ぎます。

道後温泉本館

長い廊下を抜けて奥へ向かいます。

DSC00605

 写真は2階の大広間です。ここで浴衣、石鹸、貸しタオルの貸し出しがあります。また、お茶と煎餅も頂けます。

道後温泉本館

 坊っちゃんの間

道後温泉本館坊っちゃんの間

道後温泉本館 坊っちゃんの間

 道後温泉の散策

正面に見える建物が道後温泉駅です。正面右側には、坊っちゃん列車が見えます。そして、写真の右側には商店街(ハカラ通り)の入口があります。写真手前(写真に映っていませんが)が坊っちゃんカラクリ時計と足湯のある放生園です。放生園には、坊っちゃんカラクリ時計、足湯、句碑、湯釜などがあります。夜にはレトロなガス灯が灯る温泉情緒あふれる観光スポットです。近くに道後観光案内所みおあります。

道後温泉駅周辺

坊っちゃんからくり時計は、軽快なメロディにのって時計台がせり上がり、夏目漱石の小説「坊っちゃん」の登場人物が現れます。上演時間は、8:00~22:00(1時間ごと)、特別期間は30分ごと。(特別期間・・・3月20日~5月30日、 7月20日~9月30日、11月20日~1月30日)

道後温泉 からくり時計

 道後温泉まつり 女みこし

春に行くなら、道後温泉まつりの時期に合わせて行きたいですね。写真は、道後温泉本館前の「女みこし」です。女性ならではの華やかさはありますが、男性にも劣らない勇 ましさもありました。練習の成果が 表れていて、とても素晴らしいものでした。また、道後温泉本館前では、「女みこし」だけではなく、たいこや踊りなどもありました。

道後温泉本館 道後温泉まつり

 道後温泉 おすすめの食事

 『じゃこてん』は、ビールのおつまみとして最高ですね。地ビールと一緒に頂きました。

じゃこてん 

『おいでん家』で食べた『鯛めし』 。めっちゃ美味しかったですね。 おいでん家は、道後温泉本館のすぐ近くです。地元のお魚屋さんが開いた食事処で市場直送の鮮度のいい鮮魚を使った料理が美味しい。お昼は、定食、丼物。夜は、地酒を飲みながらじゃこ天、鯛めしなどの郷土料理がオススメです。

道後温泉 鯛めし

以上、「道後温泉はレトロな空間!道後温泉本館、松山城、とべ動物園、しまなみ海道、宇和島など観光スポットも多数」の記事をご覧いただきありがとうございました。
道後温泉は、松山周辺のみならず、しまなみ海道、今治、砥部、内子など、周辺に観光スポットがたくさんあります。ぜひ一度訪れて見てくださいね♪

道後温泉 宿・ホテルの検索・予約

道後温泉にある30件余りのの旅館・ホテルから自分好みの宿を探すことができます。露天風呂や貸切風呂のある宿、格安の旅館、高級温泉宿まで様々なタイプの宿があります。
道後温泉おすすめの温泉宿・ホテルならじゃらんnet
道後舘

  • 口コミ総合・夕食4.8
  • 2015年じゃらんオブザイヤー 中国・四国売れた宿大賞 100室未満の部 1位
  • 建築家黒川紀章が設計の建物と厳選した地元の旬菜を使った和会席、溢れるおもてなしが自慢の宿


道後温泉 ホテル椿舘

  • 口コミ評価:総合4.6&夕食4.7
  • 「坊っちゃん」と「マドンナ」のお出迎えと勇壮な【水軍太鼓ショー】が大人気
  • 朝食/お天気がいい日には、テラス席が大人気

また、最安値のホテルを探すなら次の記事をご覧ください。格安ホテルの検索は、人気の一括比較検索サイトを利用すべし!

727 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(春~初夏)

  1. 祇園白川の桜(花見)
    京都の祇園白川は、石畳に格子戸の京町家が軒を並べる情緒あふれる街並みです。 桜並木は、白川南通 …
  2. 下地島空港17エンド(17END)は、宮古島 下地島の北端にあります。 17ENDは、海の綺麗な…
  3. 滋賀県のイチゴ狩り 垣見イチゴ園(近江八幡)の紹介です。 2016年4月9日、近江八幡へ桜の花見…
  4. 河津桜(カワヅサクラ)は、真冬の2月初旬頃から咲き始める早咲きの桜で静岡県の河津町や伊豆が有名ですね…
  5. 毎年、京都へお花見に行きます。京都は桜の名所が多く、桜の見ごろの4月初旬~中旬の週末は、ほとんど京都…
  6. 京都醍醐寺の桜
    京都市伏見区にある醍醐寺(だいごじ)は、真言宗醍醐派総本山の寺院で、古都京都の文化財として世界遺産に…
  7. 与那覇前浜ビーチ
    宮古島は、沖縄本島から南西へ約300kmにあり、宮古島本島、伊良部島、下地島、池間島、来間島、犬神島…
  8. 沖縄那覇の国際通りは、県庁北口交差点から安里三叉路にかけての約1.6kmの通りで、お土産から食事まで…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る