【沖縄ダイビング】渡嘉敷アリガー南がオススメ!初心者でもウミガメに会える確率大

沖縄にせっかく行くならダイビングも兼ねて旅行して欲しいです。海の中の透明度は最高にクリアで熱帯の綺麗な色をした魚をたくさん見ることができます。ダイビングはシュノーケリングに比べると難しそうですが、先ずは体験ダイビングから始めれば安心ですよ。

私はウミガメがとても好きでダイビングを始めました。19歳の時に、東北から来た友人と一緒に体験ダイビングをしたのがきっかけで、1番ランクの低いオー プンウォーターの免許を取得しました。それからは海の中の魅力に虜になってしまい、ウミガメを追いかけては色々なところへ行きました。

スポンサーリンク

ここでは、ダイビングが初めての方や初心者にもおすすめのダイビングスポット(渡嘉敷島のアリガー南)を紹介します。

アリガー南(渡嘉敷)でウミガメに会える

このダイビングスポットは『アリガー南』と言う場所です。変な名前ですが、沖縄でも10選に選ばれるほど人気のスポットで、初心者でも大丈夫で、ウミガメが90%確実に見ることができる!という場所でも有名。

但し、ダイビングは天気に左右される遊びですので、台風の多い沖縄では天気の様子は よ~く調べて行くのがオススメ。しかも沖縄県は本当にゲリラ雨が多いですし、夏の晴れた空に急に雲がかかって一時大雨に遭遇する場合も多いです。風や波の 高さで水が濁ったりと日によってとても異なるので必ずしも、ウミガメや目的の景色に遭遇できるわけでもありません。

この写真は、タイマイと言って通称:鼈甲亀(べっこうかめ)とも呼ばれるウミガメだそうです。
ウミガメは、そーっと近づいてもすぐに逃げて行きます。写真を正面から撮るには私には一生無理そうw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンゴがとても綺麗でデバスズメダイの群れも見ることができます。私が撮ったのはデジカメですがとても綺麗に写真が撮れた場所でもあります。

この日は晴々で最高で『デバスズメダイ』の群れの写真たくさん撮れました。

diving

とかくしビーチ(渡嘉敷島)

渡嘉敷島といえば最高に海が綺麗な場所。私も沖縄県内だとここの海が1番好きです。
透明度が高く、ダイビングじゃなくても、スノーケリングで十分魚を見ることができます。朝一だれも居ない海に早起きで行って独占してきました。

diving01

波がなく、とても穏やかな朝の渡嘉敷島の海は涼しくて体の悪いものが全て洗い流されるようなデトックスの場所!
鼻から肺へ大きく深呼吸して口からゆっくり息を吐く×3は私の渡嘉敷式デトックスでございます(笑)

diving04
スノーケリングで撮った浅手の場所からの撮影。この透明感です。

diving05
渡嘉敷島のダイビングでは、テーブルサンゴと言って、サンゴ礁できた机の様な形をしたサンゴ礁が見られました。

diving06
また『うみうし』と言って、ぷにぷにしたグミの様な変な生き物も多いです。軟体動物でかたつむりみたいな感じ?とても種類が多く、きれいな色を持つ不思議な生き物です。基本的海の生物は触ってはイケませんが、手袋をした手の上に置いてみると不思議な動きを見せモチモチとした感触でした。

ウミウシは岩に引っ付いているので見つけにくく、とても探しにくい。じーっと岩にいるとホイホイ急に現れます。色が繊細なので見つけやすい生き物でもあります☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
記)もちもちだんご

768 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(秋冬)

  1. 古都・京都は、着物が似合う街です! 京都の観光スポットを歩いていると着物姿の方が多いことに気付かさ…
  2. 曽爾高原(そにこうげん)は、奈良県宇陀郡曽爾村にある高原で関西屈指のススキの名所。金色に輝くススキや…
  3. Bishamon-do Temple、KYOTO JAPAN 毘沙門堂(びしゃもんどう)は、京都市…
  4. 冬の味覚と言えば、カニですね。 我が家でお正月休みの恒例行事になっている日帰りカニバスツアーにつ…
  5. 梅田スカイビル空中庭園展望台(Umeda Sky Building Floating Garden …
  6. 伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ Fushimi Inari-taisha Shrine)は京都市…
  7. 星野リゾート トマムは、北海道の真ん中辺り、占冠村(しむかっぷむら)にあります。新千歳空港から高速道…
  8. 黒川温泉
    黒川温泉は、熊本県阿蘇郡南小国町にある情緒豊かな温泉地。温泉ランキングで日本一に選ばれたことがある。…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る