池間島(宮古島)の観光スポット!池間大橋とエメラルドブルーの海は絶景。スノーケルポイントも

池間大橋(宮古島)

池間島(いけまじま)は、宮古島の北に浮かぶ島です。平良市街地からは、国道230号線で北側へ走り20~30分の距離です。
池間島には、1992年2月に完成した池間大橋(全長1452m)を渡ります。池間大橋の両側にはエメラルドブルー(宮古ブルー)の海、そして、右手には大神島を望むことができます。

スポンサーリンク

池間島は八重干潮への玄関口となっています。多くの八重干瀬ツアーがこの池間島の池間港から出航しています。本格的なダイビングだけでなく、体験ダイビングやシュノーケルツアーも人気があります。また、池間島には、美しい穴場のビーチがあり、シュノーケリングや海水浴を楽しむこともできます。宮古島の観光スポットとしてオススメです。

池間島・池間大橋へのアクセス

宮古島はレンタカーが便利です。平良市街地からは、国道230号線で北側へ走り20~30分の距離です。宮古島の道は車で渋滞していることはほとんどありません。島内の人は、安全運転で法定速度を守られていますので、観光客の方もスピードの出しすぎには十分注意しましょう!また、レンタカー以外では路線バスかタクシーの利用となります。

路線バスは、八千代バスの池間一周線(平良バス停~池間島/漁港前)を利用します。1日6~7便運行しています。池間大橋の近くバス停はないので、池間島の『学校裏』まで行って1km程度戻る必要があります。


大きな地図で見る

池間島・池間大橋の絶景ポイント

池間大橋とコバルトブルーの海を見渡す絶景のポイントは3箇所です。この素晴らしい絶景を見るなら、天候が安定している7月がオススメです(沖縄地方全般について言えることです)

(1)宮古島本島側の駐車場
(2)池間大橋の橋の上
(3)池間島側の駐車場 海美来(かいみーる)

 池間大橋の絶景ポイント(1)宮古島本島側駐車場

私が宮古島を始めて訪れたのは2006年夏のことです。青い浅瀬の海を渡る橋、コバルトブルーの海、そして真っ青な空すべてに感動しました。私にはちょっと信じられないぐらいの絶景でした。

池間大橋(宮古島)

 池間大橋の絶景ポイント(2)池間大橋の上

池間大橋には、駐車するスペースはありません。宮古島か池間島側の駐車場に車を停め、徒歩で池間大橋を渡りましょう。コバルトブルーの海面がキラキラと輝き、珊瑚礁の群生が橋の上からも鮮明に見ることができます。八重干瀬ツアーと思われるダイビング船の往来や、海鳥の飛来などもあります。

池間島大橋からはサンゴ礁の群生や海鳥が見られる

池間大橋からコバルトブルーの海を望む

 池間大橋の絶景ポイント(3)池間島の駐車場付近

池間大橋を渡ってすぐ右手に大きなパーキングがあります。池間大橋を池間島側から見ることになります。ここは、トイレ、お土産物屋さん、食堂、ガラスボートの受付などがあるので、ゆっくりと寛ぐこともできます。

池間大橋 宮古島の観光スポット

『海美来(かいみーる』3階の展望台からは、大神島、池間大橋を眺めることができます。天気の良い日はオススメで す。

池間島大橋 宮古島の観光スポット

池間島 穴場のビーチでシュノーケリング

池間島には、何ヶ所か穴場のシュノーケルポイントがあります。ネットや雑誌にもあまり紹介されていないのでなかなか知る人は少ないようです。場所は、池間大橋を渡り右折し海岸線を半時計方向に走ると、側道に車を駐車しているところがあります。その辺りの小道をビーチの方へ行って下さい。簡単に探せると思います。

このビーチは、人も少なくのんびりできるので、宮古島の自然をゆったりと満喫したい方には最高のビーチだと思います (売店、トイレなどの施設はありません)。透明度が高く、珊瑚礁も多いのでシュノーケリングにピッタリですね。

池間島の穴場ビーチ 宮古島の観光スポット

池間島の穴場ビーチ 宮古島の観光スポット

池間島のビーチ 宮古島の観光スポット

池間島 オススメの食事とお土産

 海美来(かいみーる) サザエのつぼ焼き

池間島大橋を渡ってすぐ右側のパーキングにお土産物、食堂、ガラスボートの受付などのお店が立ち並んでいます。お店の一番南側には 『海美来(かいみーる』のサザエのつぼ焼きは美味しかったです。

池間島 サザエのつぼ焼き

池間島 お土産物 昼食

池間島 食堂 グラスボート

 くろしお市場 海ぶどう丼・海鮮丼・うに丼

池間大橋を渡ってすぐ右側にドライブインのようなところがあります。その入り口付近にくろしお市場があります。土産物屋さんもしているので座席数はそんなに多くありません。私は、いつも海ぶどう丼を食べるのですが美味しいですよ。オススメです。夏のシーズン中は、マンゴー、ドラゴンフルーツ、シフトクリームなども販売されています。マンゴーは試食を頂けるのが嬉しいですね。

下記写真は、島うに丼(1000円)です!温かごはんの上にう に、海ぶどう、まぐろが、載っています。そこに醤油たれをかけていただきますめっちゃ美味しかったですよ。オススメ!

海ぶどう丼 池間島 くろしお市場

ドラゴンフルーツ

マンゴーソフトクリーム 池間島 くろしお市場

池間島 くろしお市場

マンゴー 宮古島

 池間島のお土産物・雑貨

珊瑚礁で作られたアクセサリーなどのお土産物屋さんもあります

池間島 お土産物

池間島 海の海底観光・グラスボード

グラスボートから鮮やかな珊瑚礁や魚を見ることができます。本州の観光地にあるグラスボートとは次元が異なります。天気が良ければ、絶対に期待を裏切りません。通常は所要時間50分程度で大人 2000円、小人 1000円。場合によっては、シュノーケリングをさせてくれることもあります(要確認)。シュノーケルの時間はおよそ15分程度。本格的にシュノーケルをするのなら八重干潮シュノーリングツアーに参加した方が良いでしょう。時間のない方や手軽に珊瑚礁を見たい方は、海底観光というように考えれば良いと思います。

池間島 珊瑚礁

 宮古島のオススメホテル

宮古島東急ホテル&リゾーツ(旧 宮古島東急リゾート)

珊瑚礁に囲まれたマリン・フィールドスポーツ満載のホテル
ホテルの目の前には、東洋一美しいエメラルドグリーンの海と白い砂浜。ジェットスキー、スキューバ・ダイビング、ヨットセーリングなど一年中楽しめる。

4,039 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(夏)

  1. 夏の北海道旅行で一番人気の旭川、美瑛、富良野のおすすめ観光スポットを紹介します。 美瑛・富良野のラ…
  2. 2014年7月、阿嘉島 ニシハマ(北浜)ビーチでのシュノーケンリグ体験記。海の透明度は、沖縄ケラマ諸…
  3. 壷屋やむちん通りは、那覇国際通りの近くにある焼き物の町です。「やちむん」とは。沖縄の方言で焼き物のこ…
  4. 2017年6月、昨年に引き続き今年も宮古島旅行に行って来ました。 ダイジェスト版をお届けします。 …
  5. 三室戸寺(みむろとじ)は、京都宇治にある紫陽花(あじさい)で有名なお寺です。 大阪、京都周辺にお住…
  6. 2014年7月に沖縄本島北部にある古宇利島(こうりじま)に行って来ました。沖縄随一の絶景スポットと言…
  7. 沖縄にせっかく行くならダイビングも兼ねて旅行して欲しいです。海の中の透明度は最高にクリアで熱帯の綺麗…
  8. 阿波連(あはれん)ビーチのある渡嘉敷島(とかしきしま)は 慶良間諸島の中でも一番大きい島。 平成…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る