梅田スカイビル「空中庭園展望台」は、夜景の絶景スポット!大阪観光におすすめ

梅田スカイビル空中庭園展望台(Umeda Sky Building Floating Garden Observatory) は、大阪の街並みや神戸から淡路島までの360°のパノラマの風景を一望できる絶景スポットです。「夜景100選」や「日本の夕陽百選」にも選ばれており、国内外の観光客に人気のスポットになっています。夜景が美しいことから、カップルのデートスポットとしても人気があります。

スポンサーリンク

梅田スカイビルは、タワーイースト、タワーウエストの2棟で構成され、最上部には円形の空中庭園展望台があります。2008年、英紙「THE TIMES」で、その独特な建物の美しさが認められ、世界を代表する20の建造物「TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD」のひとつに選出されています。大阪のランドマークとして訪れる外国人が多いのも納得ですね。

天気の良い日(夕焼けが綺麗な日)、たまたま大阪駅(梅田)周辺にいて時間があれば、ぜひ梅田スカイビルへ行ってみましょう。空中庭園から見るパノラマビューは大阪随一の絶景です!

梅田スカイビルへのアクセス

大阪駅からの行き方

梅田スイカビルは、大阪駅から近く歩いて10分程度で行くことができます。
まずは、大阪駅の北側へ出てください。左側に見えているのが梅田スカイビルです。

梅田スイカビルは、大阪駅から近く歩いて10分程度で行くことができます。

グランフロント大阪を通り抜け、北へ進みます。

グランフロント大阪を通り抜け、北へ進みます。

夜の大阪駅周辺はライトアップされていて綺麗です。前方には高い建物がないので梅田スカイビルがひと際目立ちますね。
この辺り周辺は再開発中で、今は高層ビルが少ないんですね。

夜の大阪駅周辺はライトアップされていて綺麗

途中、地下道を通り抜けます。人通りは多いので女性の方でも安心して通行できます。

梅田スカイビルへの地下道

梅田スカイビルは、新梅田シティの一画です。周辺は再開発が進んおり、今後どのような施設ができるのか楽しみ♪

DSC00421

梅田スカイビルへ到着!
ビルの中央真下から見上げると、その独特な外観形状に圧倒されます。

梅田スカイビルの中央真下から見上げると、その独特な形状に圧倒

梅田スカイビル空中庭園の情報

住所:大阪府大阪市北区大淀中1-1-88
建物:地上40階・地下2階、高さ約173メートル
営業時間: 10:00~22:30(入場は22:00まで)※季節により変動あり
空中展望台料金:大人800円、中・高校生500円、小学生300円、幼児(4歳以上)100円
休業日:不定休
交通: JR大阪駅・阪急梅田駅・地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩10分
駐車場: 140台(有料)

梅田スカイビル空中庭園のクチコミ・お得情報

誕生日は、無料サービス

Lucky Birthday Service:誕生日の本人は、展望台入場無料!同伴の方は、4名様まで20%割引
shop SKY 39, cafe SKY 40 の割引券プレゼント(shop SKY 39, cafe SKY 40 とも5名まで)

ローチケHMVの割引チケット

梅田スカイビル 空中庭園展望台入場引換券 ※購入日~1ヶ月有効
入場引換券/大人 ¥720
入場引換券/中高生 ¥450
入場引換券/小学生 ¥270
入場引換券/幼児(4歳以上) ¥90
入場引換券/シニア(65歳以上)¥630

写真撮影の三脚使用

他のお客様の邪魔にならない程度でしたら利用OKです。混雑時はお断りする場合もあるとのことです。

再入場について

再入場は不可。 当日一度のみです。

ページ:

1

2 3
2,708 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(冬~春)

  1. 大阪城天守閣
    大阪城(通称:太閤さんのお城)は大阪のシンボル。人気の観光地として多くの観光客が訪れます。お花見がで…
  2. 滋賀県のイチゴ狩り 垣見イチゴ園(近江八幡)の紹介です。 2016年4月9日、近江八幡へ桜の花見に行…
  3. 城崎温泉
    城崎温泉(Kinosaki Hot Springs)は、兵庫県豊岡市にある人気の温泉地です。関西のみ…
  4. 山形蔵王温泉スキー場は、山形県山形市蔵王温泉にあります。樹氷を見ることができるスキー場として世界的に…
  5. 2017年3月4日、初めて、京都 東山花灯路へ行って来ました。平成15年から開催されている東山花灯路…
  6. 城南宮(じょうなんぐう)は、京都市伏見区にある神社で、しだれ梅が美しく咲くことで人気があります。京都…
  7. 冬の味覚と言えば、カニですね。 我が家でお正月休みの恒例行事になっている日帰りカニバスツアーについて…
  8. 唐戸市場は、山口県を代表する観光地で下関のベイエリアにあります。唐戸市場がある唐戸桟橋周辺は、市場の…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る