綾の照葉大吊橋、 綾・酒泉の杜 宮崎県綾町のおすすめ観光スポット

ユネスコエコパークに認定された、照葉樹林の町、宮崎県綾町。
綾の魅力を知ってもらうためにもまずは「綾の照葉大吊橋(あやのてるはおおつりばし)」の散策をお勧めします。
宮崎市内から車で約50分のところにある、綾町の観光と森林保護のシンボルとなっているおすすめの観光スポットです。

スポンサーリンク

綾の照葉大吊橋の地図

綾の照葉大吊橋

四季折々の照葉樹林と橋からの眺めは最高!
自然の恵みたっぷりな照葉樹林文化になっている森を守り、自然生態系の素晴らしさを体感してもらうため、1982(昭和57)年に着工、84年に完成しました。
全長250㍍、高さ142㍍、人道吊橋として世界一の規模を誇っています。橋の前には「日本一悠久の森へ 新照葉大吊橋」と書かれたモニュメントが建っています。

aya07

aya06

aya04

空中散歩の感覚に浸る

天気に恵まれた日は、青空と照葉樹林のコントラストが見事で、思わず息を呑むような美しさ。照葉大吊橋を渡ると足元の部分には金網を使っていて、真下の見晴らしもスリル感があります。あたりを見渡せば森の中に体が浮いているようで、空中散歩をしているような感覚が味わえます。

aya05

自然歩道橋をウォーキングしよう!

橋を渡りきると山の斜面に沿った約2㌔の自然遊歩道が続いています。木々に覆われた道を歩くと野鳥のさえずりが聞こえてきました。樹間から差し込む光を浴びながらのウォーキングも楽しいです。

照葉樹林文化館

森での暮らしや動植物など、照葉樹林文化を詳しく紹介する照葉樹林文化館も訪れてみてください。綾の森についてもっと深く知りたいなら照葉樹林ボランティアガイドや森林セラピー研修を受けた森の案内人による森林セラピーガイドを利用してみてはいかがでしょうか。

3月には山桜が見られ、淡いピンクの花が照葉樹林の緑に彩りを添えます。新緑の時季は太陽の光に照らされた葉がキラキラと輝きを放っています。四季折々の表情が楽しめるのも魅力ですね。

国内最大級の規模を誇る照葉樹林を眺めていると、心身ともにリフレッシュできます。

綾町は「森林セラピー基地」に認定され、観光のシンボルでもある橋は地元住民の憩いの場にもなっています。橋から見渡す四季折々の照葉樹林の景色をぜひ堪能してください。

問合せ:0985-77-2055(綾照葉大吊橋料金所)

綾の照葉大吊橋の詳細情報
住所:宮崎県東諸県郡綾町大字南俣大口5691-1
アクセス:宮崎自動車道高原IC:国道268号を宮崎方面へ約1時間、南宮崎駅からバスで60分
営業時間:8:30~18:00(4~9月)8:30~17:00(10月~3月)年中無休
入園料:300円

綾・酒泉の杜

綾の魅力が詰まったテーマパーク
敷地内にはレストランや雲海酒造のお酒の試飲ができる売店、宿泊もできる蔵元・雲海酒造直営の観光スポット「綾・酒泉の杜」。

aya02

人気の温泉もあり、「綾温泉 照葉の湯」は、内湯の温泉をはじめ、露天風呂や蔵元ならではの酒風呂、薬湯風呂、電気風呂やサウナなどが楽しめます。

aya01

aya03
「プロが選ぶ100選土産物施設部門」において8年連続全国2位に選ばれ、年間行事として日向木挽新酒まつり、綾ワイン収穫祭などのイベントも開催しています。

緑が豊かで水もおいしく、住みやすい町。県外からの移住者も多い綾町にぜひ足を運んでくださいね。

1,659 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(春~夏)

  1. 壷屋やむちん通りは、那覇国際通りの近くにある焼き物の町です。「やちむん」とは。沖縄の方言で焼き物のこ…
  2. 古都・京都は、着物が似合う街です! 京都の観光スポットを歩いていると着物姿の方が多いことに気付かさ…
  3. 茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」では、春の4月中旬〜5月上旬にネモフィラを見ることができま…
  4. 角島(山口県北西部)は、2000年の角島大橋の開通以降、その絶景を見ようと多くの観光客が訪れるように…
  5. やちむん喫茶シーサー園は、沖縄本部の大自然の中に佇む人気の森カフェです。20数年前に、店主が実家の家…
  6. 吉野海岸(宮古島シュノーケリング)
    吉野海岸は、宮古島でシュノーケリングのできるビーチとして、とても人気があります。 宮古島をレンタカ…
  7. 大阪のかき氷といえば、大阪浪花屋。百年の歴史を持つたい焼き「浪花家総本店」から暖簾分けされたお店なん…
  8. ニシ浜(波照間島)
    ニシ浜(北浜)は、日本最南端の島『波照間島』にあり、沖縄有数の美しいビーチとして有名です。ニシ浜は、…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る