斎場御嶽(せーふぁうたき) 沖縄のパワースポットを訪ねて

知念半島にある斎場御嶽(せーふぁうたき)は、沖縄県南城市にある史跡です。15世紀-16世紀の琉球王国の御嶽(うたき)とされています。

なお、御嶽(うたき)とは、琉球の信仰における祭祀などを行う施設のこと。2000年11月首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。最近では、沖縄のパワースポットとして観光客にとて人気があります。

スポンサーリンク

斎場御嶽(せーふぁうたき)の見学

道中は、石畳や階段などがありますので歩きやすいスニーカー等で行きましょう!特に雨の日などは滑りやすいので注意してくださいね。

S1390028

緑の館セーファ(資料館)

まずは、ここでビデオみ見てから入場となります。資料館内は斎場御嶽のパネル展示や休憩スペースもあります。

S1390020

斎場御嶽入口

いよいよ、斎場御嶽(せーふぁうたき)へ入口へ到着し中へ入って行きます。
【下記銘文より引用】
世界遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)。
2000年12月、斎場御嶽は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして、ユネスコの「世界遺産条約」に基づく世界遺産リストに登録されました。
全世界の人々のために保護すべき遺産として、特に優れて普遍的な価値のあるものが、このリストに登録されます。
斎場御嶽(せーふぁうたき)
「御 嶽」とは、奄美諸島から宮古・八重山にいたる南西諸島に広く分布している聖地の総称です。斎場御嶽は、琉球王朝時代に政府が整備した国家的な宗教組織との 関連が深い、格式の高い祭祀場でありました。せーふぁ(霊威の高い聖なる場所)の名前が示すように、巨岩や聖樹に囲まれた空間には、首里城内にある部屋名 と同じ名前の拝所があり、当時の王府と斎場御嶽の関わりの深さをみることができます。琉球最高神女である聞得大君の、就任儀式「お新下り」の御名付けがこ の地で行われたということは、王権を信仰面・精神面から支えていた証でもありましょう。現在でも、聖地巡拝の習慣を残す東御廻り(あがいうまーい)の聖地 として、参拝客は後を絶ちません。
■世界遺産登録 2000年12月2日
■国指定 1972年5月15日
■国指定面積 44,643㎡

IMG_7218

大庫理(ウフグーイ)

御門口から登っていくと左手に見える最初の拝所です。前面には、磚(せん)の敷かれた祈りの場(ウナー)があります。

S1390031

三角岩

【下記銘文より引用】
自然岩や洞穴に囲まれたこの場所には、いくつもの排所が集まっています。正面に見える三角形の空間の突き当たりが三庫理(さんぐーい)、右側がチョウノハナの排所で、いずれも首里城内にある場所と同じ名前を持っています。また、左側からは太平洋と久高島が遠望できます。
さて、三角岩の右側には、「貴婦人様御休み所」と二本の鍾乳石が見えます。滴り落ちる水はその下に置かれた壺に受けられ、それぞれが中城御殿(国王の世子)と聞得大君御殿の吉兆を占うとともに、お正月の若水とりの儀式にも使われる霊水でした。

IMG_7206

三庫理(サングーイ)

実際に訪れて見ると二本の鍾乳石の大きさにビックリします!二本の石と、三角形の空間の突き当たり部分はそれぞれが拝所となっています。

IMG_7212

観光客の皆さんはやっぱり写真を撮ります。

IMG_7210

写真奥に人がたくさんいますが、その左側に久高島が見えます。

IMG_7208

でいごの花が咲いていました。

IMG_7205

沖縄には何度も来ていますが、でいごの花を意識して見たのは初めてです。

IMG_7204

454 views

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事(夏)

  1. 夏の北海道旅行で一番人気の旭川、美瑛、富良野のおすすめ観光スポットを紹介します。 美瑛・富良野のラ…
  2. 沖縄県本部町にある「山原そば」(やんばるそば)は、行列ができる人気沖縄そば店です。人気観光スポットの…
  3. 沖縄そば処『屋宜家』(やぎや)は、沖縄本島南部、那覇空港から車で約30分程の緑豊かな八重瀬町(やえせ…
  4. 沖縄にせっかく行くならダイビングも兼ねて旅行して欲しいです。海の中の透明度は最高にクリアで熱帯の綺麗…
  5. 2017年6月、昨年に引き続き今年も宮古島旅行に行って来ました。 ダイジェスト版をお届けします。 …
  6. 阿波連(あはれん)ビーチのある渡嘉敷島(とかしきしま)は 慶良間諸島の中でも一番大きい島。 平成2…
  7. 人より牛の数が多い島が沖縄県にある事あなたは知っていますか? 人々はその島を「牛の島」と呼びます…
  8. 2014年7月、阿嘉島 ニシハマ(北浜)ビーチでのシュノーケンリグ体験記。海の透明度は、沖縄ケラマ諸…

関連記事・スポンサーリンク

投稿記事一覧

ページ上部へ戻る